ニキビ跡のデコボコ。色素沈着ももう怖くない

私もそうでしたが、ニキビがある程度よくなってくると、今度は「ニキビ跡をいかにキレイにするか」ということに関心が移ってくるものです。

もちろんビューティーエッセンスで日々、しっかりお手入れをしていれば、ニキビ跡も徐々にキレイになってきますがそれをより早く、よりキレイにしたいという場合の救世主が「独自化粧品」。

私もこのパックを使いはじめたら、みるみるニキビ跡がキレイになっていくのがわかりました。

一般にパックと呼ばれるものには、はがすタイプと洗い流すタイプがあります。

はがすタイプはお肌に刺激が強いのでなるべく避けたいもの。

とくにご年配の方などは「パックははがすもの」と思い込んでいる方が多いようなんですが、それはちょっと古い常識です。

ゴムを例にとるとわかりやすいのですが、普通、ゴムはギュッと引っ張ってから手を離すと、だらんとたるみますよね。

肌も同じこと。

タルミや小ジワを気にしているお母さんに教えてあげてください。

また黒ニキビなどは、はがすタイプのほうが取れやすい気がしますが、これはかえって逆効果。

「ニキビの道」ができてしまい,余計に油がたまりやすくなったり、穴のあいた部分が角栓でふさがれたりして、汚い肌になってしまいます。

はがすパックの一種である小鼻用のパックなども同じです。

繰り返しになってしまいますけど、皮脂を取ることよりも、毛穴を引き締めて皮脂の調整力をつけることが一番大切なことなんです。

独自化粧品は、お肌にやさしい、洗い流すタイプのパックです。

毛穴の汚れをムリに出すのではなく、徐々に角質、老廃物を除去して、悪いものを肌にたまりにくくしますから、使うごとにお肌に透明感が出てきて、ニキビやニキビ跡を改善していきます。

テクスチャーはジェリー状でひんやり。

とっても気持ちのいい使い心地です。

この独自化粧品には肌のハリを保つコラーゲン, エラスチン,炎症を鎮めてニキビ跡の改善効果を持つ植物成分のシコンが配合されています。

もちろん独自化粧品の基本であるプラセンタエキスとヒアルロン酸はたっぷり入っています。

普通、パックはニキビが真っ盛りの場合は使えませんが,独自化粧品はそういう人でも、安心して使えるんですよ。

というよりも,ニキビがあるからこそ、積極的に使っていただきたいのです。

使い方は、洗顔後、ビューティーエッセンスを塗った後、中指の第2関節ぐらいまでの量を手に取り、やさしく伸ばします。

普通、パックは目のまわり、口のまわりを避けて塗るようにと説明書きにありますよね。

でも、本当は年齢の現れやすい目のまわり、口のまわりが一番パックをしたいところだったりします。

その点、独自化粧品は、肌にとってもやさしいので、目のまわり、口のまわりにも安心して伸ばせるんです。

さらにニキビ跡対策のもうひとつ、独自化粧品の大きな特徴は、長時間、つけたままにしてもいいこと。

普通のパックは10分とか15分ぐらいで取るようにされていますが、独自化粧品は違うんです。

長時間つければつけるほど、美肌効果が高くなるんです。

1時間ぐらいつけっ放しにしておいてから流して、それからビューティーエッセンスをつけてみてください。

お肌がとてもしっとりします。

時間は短くなってしまいますが、おふろで湯舟につかりながらしてもいいですね。

さらに、ニキビ跡対策のとっておきの手段として、夜つけたまま眠って、朝起きて流すという方法もあります。

本当はこれが一番効果が高いんです。

ひと晩つけて寝ると、翌朝のお肌はもうプルップル。

何もつけなくていいぐらいしっとりするんです。

毎日してもいいという点も独自化粧品の特徴でしょう。

ニキビ跡を改善したいのならば、本当に毎日するぐらいの勢いでしたほうが、早くキレイになるんです。

たとえば前にお話したザラザラした白ニキビができている場合、3日から1週間、每日してみてください。

私の場合は、ビックリするほどザラザラがキレイになるのを実感できました。

また甘いものなどをたくさん食べて、一時的にできてしまったニキビも3日ぐらいでツルンとキレイになってしまう方が多いようです。

もちろん何ごとも個人差がありますので何年もニキビができ続けている人や症状によみるっては少し時間がかかりますが、辛抱強くおる手入れしてみてください。

デコボコや色素沈にワ着がひどくても、徐々に徐々にキレイになっていきます。

独自化粧品はニキビ、ニキビ跡の改善だけでなく、シワやタルミ、シミ、美白にもとってもいいんですよ。

この間も、このパックを毎日使っていたら、目のまわりの小ジワが2週間でほとんど目立たなくなったと喜んでくださった方がいました。

また前述のショップチャンネルの女性キャストの方も、独自化粧品を毎日使ってくださったそうです。

顔のシミやタルミって、若い皆さんにはまだ実感できないことかもしれませんが、老化は誰にも襲ってきます。

若いうちから正しいケアを続けていれば、年を取ったときに絶対に差が出るものです。

ニキビ肌の皆さんは、憎きニキビとの戦いの中でこの本に出会い、本当のスキンケアを知ることができ、かえって得したかもしれないですね。

Posted on: May 6, 2017, by : rin983ul

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *